長く中古車に乗り続けたい人は修復歴の無いものを選ぼう

中古車を購入する際に修復歴の有無は、販売価格や走行性能、乗り心地などを大きく左右するポイントとなるため、よく確認をしたうえで購入手続きを進めることが大切です。一般的に、エンジンやブレーキなど重要なパーツの修復歴がある中古車は、購入してすぐにトラブルが生じる可能性が高いため、コレクション性の高いヴィンテージなどよほどの事情が無ければ避けるようにしましょう。また、ボディの傷や塗装の剥がれなどの修復についても、時間の経過とともにダメージが目立ってしまったり、定期点検などの際に指摘されたりすることもあるため気を付けましょう。なお、中古車販売店の中には、修復をした箇所や年数について詳しく顧客側に伝えているところも多くあるため、早いうちからお目当ての車種について調べておきましょう。

車の購入費用を抑えたい人は修復歴の多いものも候補に入れよう

中古車の購入費用をできるだけ抑えたいという人は、修復歴が多いものも候補に入れて中古車選びをするのがおすすめです。例えば、車の走行に直接関係ないパーツの修復歴については、見た目が少し悪くても長く乗り続けることが可能となります。また、熟練の職人の手により、修復箇所が目立ちにくくなっている中古車もあるため、車の見た目が気になる人は複数の販売店に足を運んで、なるべく状態が良いものを優先的に探してみると良いでしょう。中古車の修復歴と販売価格との関係については、素人にとって分かりづらいところもあります。そのため、予算の範囲内でニーズに合う車が欲しい人は、時間を掛けて顧客対応が良い販売店に足を運んで店員にアドバイスをもらいましょう。