標準のオプションは揃える

愛車を高く売るためにはいくつかのポイントがあります。その1つが標準のオプション品を揃えておくということです。例えば、車には購入時に標準装備となるようなオプションがあります。スペアタイヤやフロアマット、さらに停止表示等などもオプション品に含まれます。中古車として販売する場合、これらの装備品が揃っている方が買い手に喜ばれるため、売る前にオプション品が揃っているのかどうか確認することが大切です。また、オプション品は外部メーカーのものよりも車のメーカーが販売した「純正品」と呼ばれるものがついている方が人気があります。いくら高額なものであっても買い手は純正品を好むということを理解してオプションを付けていくことも大切です。

オプション機能も大切

最近の車には運転者を補助するものもオプションで付けることができます。バックモニターやドライブレコーダー、電動のスライドドアが代表的なものです。これらもついている方が中古車市場では人気になります。特にドライブレコーダーに関しては、近年運転者の需要が高まっているため、装備されていると高く買い取りをしてもらうことができる傾向があります。これらは購入段階しか付けることができないオプションが多いですが、中古車として高く買い取ってもらう際には重要な装備品になります。また、これらの装備品も正規のディーラーで整備されたオプションのほうが高額になる傾向があります。後から付けたものは見た目の悪さなどから値下がりの要因になりやすいです。