素直に報告しておくメリット

車を下取りに出す際に、修復歴のことを素直に言うべきかどうかを迷う人がいるでしょう。結論から言うと、素直に伝えておくことをお勧めします。勘違いしている人もいるようですが、実は修復歴があるからと言って、下取りしてもらえないわけではないのです。加えて極端に買取金額が下がるわけでもないです。もちろん一度も修理したことがない車と比べれば、多少評価が下がるのはやむを得ません。しかし一円にもならないということはまず考えられません。もしも無料で引き取ると言われた場合、そこはやめて他の店舗を探しましょう。むしろ素直に修復歴のことを伝えることで、この人は誠実な人だからと、買取金額にいくらか上乗せしてくれる可能性はゼロではないです。

隠した場合のデメリット

少しくらいならバレないだろうと、修復歴のことは黙っていようと思う人がいるかもしれません。確かに腕の良い修理工場に行けば、きれいな状態にしてもらうことは可能です。ただし査定するスタッフさんは、何百台もの中古車を見ていますから、ちょっとした溶接の跡などを見るだけで修復歴のありなしが見抜けます。仮に査定人の目をすり抜けられたとしても、後で見つかった場合にはとても厄介になります。実は売買契約には「瑕疵担保責任」というものがあるのです。これは何かしらの不備を黙って売却した際、売主側の責任を問うというものです。しかも修復歴というのは、フレームなど強度に関わる部分を直したということを意味します。そのため知らずに購入した人が追突事故で死亡した場合、売主が重大な責任を負う可能性があります。